バグ報告初期バージョンバージョン 1 における変更


以下の違いを無視:
日時:
01/25/12 20:56:07 (10年前)
更新者:
kusano
コメント:

--

凡例:

未変更
追加
削除
更新
  • バグ報告

    v1 v1  
     1= バグ報告 = 
     2 
     3翻訳の間違い、改善提案は 
     4[http://bugzilla.gnome.org/ bugzilla]、 
     5[http://www.gnome.gr.jp/ メーリングリスト] 等でレポートできます。 
     6メーリングリストのメンバー外からの投稿はspamフィルタ等で見逃すこと 
     7がありますので、 
     8[http://l10n.gnome.org/teams/ja 日本語チーム] 
     9のとりまとめ役へ直接メールすることもできます。 
     10 
     11== bugzilla に報告されてるバグ== 
     12 
     13[http://bugzilla.gnome.org/buglist.cgi?query=component%3A%22Japanese+%5Bja%5D%22+product%3Al10n コンポーネント:日本語、プロダクト:l10n] 
     14 
     15{{{ 
     16#!comment 
     17 
     18=GObject リファレンスマニュアル= 
     19==Signals== 
     20===GSignalEmmisionHook=== 
     21*[http://www.gnome.gr.jp/docs/glib-2.8.x-refs/gobject/gobject-Signals.html#GSignalEmissionHook 原文] 
     22 Returns : whether it wants to stay connected. If it returns FALSE, the signal hook is disconnected (and destroyed). 
     23*[http://library.gnome.org/devel/gobject/2.8/gobject-Signals.html#GSignalEmissionHook 訳文]  
     24 返り値 : 削除するかどうかを表す論理値で、TRUE が返されたらシグナルのフックへの関連づけが切断される (加えてフックが destroy される) 
     25*修正候補 
     26 戻り値 : シグナルを接続し続けるかどうか。もしFALSEを返すなら、シグナルフックは切断される(そして破棄される)。 
     27}}}