DamnedLiesバージョン 2バージョン 3 における変更


以下の違いを無視:
日時:
09/21/12 00:30:36 (9年前)
更新者:
yasumichi
コメント:

--

凡例:

未変更
追加
削除
更新
  • DamnedLies

    v2 v3  
    1 = Damned Lies テスト環境の作り方 = 
     1= Damned Lies テスト環境の作り方(作成中) = 
    22 
    3 == 依存するもの == 
     3== 依存パッケージ == 
    44 
    55  * [http://www.python.org/ Python]([http://www.python.jp/ 日本Pythonユーザ会]) 
    66  * [https://www.djangoproject.com/ Django]([http://djangoproject.jp/ djangoproject.jp]) 
    77  * [http://south.aeracode.org/ South]([http://pypi.python.org/pypi/South/ South : Python Package Index]) 
     8  * [http://www.sqlite.org/ sqlite3](MySQL など Django が対応しているデータベースシステムなら利用可能と思われるが、ここでは説明しません。) 
    89 
    910== Damned Lies の取得 == 
     
    1920}}} 
    2021 
     22== データベースの作成 == 
     23 
     24{{{ 
     25$ cd damned-lies 
     26$ ./manage.py syncdb 
     27$ ./manage.py migrate 
     28}}} 
     29 
     30(ToDo: 初期データをインポートする方法について追記) 
     31 
     32== 管理者ユーザーの作成 == 
     33 
     34{{{ 
     35$ ./manage.py createsuperuser 
     36}}} 
     37 
     38ユーザー名、E-mail、パスワードを尋ねられるので入力します。 
     39 
     40== 翻訳ファイルのコンパイル == 
     41 
     42{{{ 
     43$ ./manage.py compile-trans 
     44}}} 
     45 
     46== 試験用サーバーの起動 == 
     47 
     48{{{ 
     49$ ./manage.py runserver 
     50Validating models... 
     51 
     520 errors found 
     53Django version 1.4.1, using settings 'damned-lies.settings' 
     54Development server is running at http://127.0.0.1:8000/ 
     55Quit the server with CONTROL-C. 
     56[20/Sep/2012 16:58:21] "GET / HTTP/1.1" 200 5097 
     57}}} 
     58 
     59ブラウザで以下のアドレスを開く。 
     60 
     61||通常の Damned Lies||http://127.0.0.1:8000/|| 
     62||管理者用インターフェース||http://127.0.0.1:8000/||