wiki:DamnedLies

バージョン 6 (更新者 yasumichi, 10年前) (diff)

--

Damned Lies テスト環境の作り方(作成中)

依存パッケージ

Damned Lies の取得

$ git clone git://git.gnome.org/damned-lies

git 用のポートへの接続が許可されていない環境では、http で取得します。

$ git clone http://git.gnome.org/browse/damned-lies

データベースの作成

(ToDo?: 下記手順では問題あり。後の操作で手動で DROP TABLE するハメになる。)

$ cd damned-lies
$ ./manage.py syncdb
$ ./manage.py migrate

(ToDo?: 初期データをインポートする方法について追記。 http://south.readthedocs.org/en/latest/tutorial/part3.html#data-migrations が参考になりそう。)

$ ./manage.py schemamigration --initial stats
$ ./manage.py migrate stats

管理者ユーザーの作成

$ ./manage.py createsuperuser

ユーザー名、E-mail、パスワードを尋ねられるので入力します。

翻訳ファイルのコンパイル

$ ./manage.py compile-trans

試験用サーバーの起動

$ ./manage.py runserver
Validating models...

0 errors found
Django version 1.4.1, using settings 'damned-lies.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.
[20/Sep/2012 16:58:21] "GET / HTTP/1.1" 200 5097

ブラウザで以下のアドレスを開く。

通常の Damned Lies http://127.0.0.1:8000/
管理者用インターフェース http://127.0.0.1:8000/

参考リンク